ディスカバー セイリング あなたの夢のお手伝い 本文へジャンプ

文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中










大分県別府湾でのクルーザーを使ったヨットスクール

使用艇の説明
スクールでの使用艇は Corsair F24 Mark II AeroRig。 
船名は疾風(はやて)。 船体の左右にフロートがある、トリマランという種類のクルーザーです。
船の幅が広いので風が吹いてもほとんど傾きません。
もちろん転覆の心配はありません。
初心者でも安心して操船に集中していただけます。
風無港の疾風

ヨットを進めるセイルはエアロリグという斬新なシステムで、1人でも安全な操船を可能にします。 日本では疾風のみに使用されているシステムです。

出入港のときはエンジンで走り、安全な港外でセイルを上げます。
エンジンを止めたとき、風と波の音が聞こえ始めます。
セイリングのスピードと静けさに驚かれるでしょう。 
横浜で快走する疾風

真中の船体と横のフロートの間にはネットを張っており、歩けます。

法律上、疾風の定員は10名ですが、
スクール受講者は4名までとします。

マリーナでの疾風